岐阜地区・尾張地区限定情報の日記、ですがその他もあります

HPの残骸、http://www.geocities.jp/segarally1995/index.htm

4月15日(金)だったかの、NHK時論公論で解説委員がマグニチュードが1増えると地震の規模だったかエネルギーだったか忘れたけど32倍になると言っていた。
NHKたるもの、入社試験はちゃんとやってほしいと常々思います。この場合約32倍と言わないとバカ丸出しとなります。
まあどうでもいいけど、地震の神様に聞かないと何が本震なのか本心は分かりません。


wikipediaによると、

地震マグニチュード(magnitude)とは、地震が発するエネルギーの大きさを対数で表した指標値である。揺れの大きさを表す震度とは異なる。日本の地震学者・和達清夫の最大震度と震央までの距離を書き込んだ地図[1]に着想を得て、アメリカの地震学者チャールズ・リヒターが考案した[2][3]。リヒターの名[4]からリヒター・スケール(Richter scale、英語発音: [riktər skeil](リクター・スケール))ともいい[5]、英語圏ではマグニチュードよりもこの名称が一般的である。マグニチュード地震のエネルギーと対数関係にあり、マグニチュードが 1 増えると地震のエネルギーは約31.6倍になり、2 増えると地震のエネルギーは1000倍になる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89

犠牲者のご冥福をお祈りします。