読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岐阜地区・尾張地区限定情報の日記、ですがその他もあります

HPの残骸、http://www.geocities.jp/segarally1995/index.htm

やはり利権がからむとこじれる

朝日新聞によると、

試合開始時間が二転三転、日本が猛抗議 卓球男子団体戦

2016年8月15日08時31分

日本代表が1回戦のポーランド戦を終えたのは、13日午後7時(日本時間14日午前7時)ごろ。この時点で、五輪の公式情報サイトには、日本の準々決勝の開始時刻は14日午後3時(同15日午前3時)と掲載されていた。

だが、直後にサイト上で開始が14日午前10時(同14日午後10時)に変更された。宿舎に帰って夕飯を食べていた日本男子の倉嶋洋介監督は、国際卓球連盟(ITTF)から、午前10時開始を認めるサインを求められたという。

 ログイン前の続き倉嶋監督は試合会場に戻り、ITTFに抗議した。監督の説明によると、ITTFは「テレビ局が変更を求めてきた」と最初は説明したという。ところが、倉嶋監督が日本のテレビ各局に確認を求めたが、全局がそうした事実を否定した。

 ITTFは次に、倉嶋監督に対し、「最初から午後3時に試合が入ると勝手に思い込んでいただけでしょう」という趣旨のことを言ったという。倉嶋監督は「午後3時開始」と記された公式情報サイトの履歴をITTF側に示した。結局、当初の通りに午後3時の開始となった。「1時間半くらい、泣きながら抗議した」と倉嶋監督は振り返った。

 

この場合、ITTFの一部が利権のため変更しようとしたと 考えるのが妥当でしょう。

日本の常識は世界の非常識、恐ろしい。