読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岐阜地区・尾張地区限定情報の日記、ですがその他もあります

HPの残骸、http://www.geocities.jp/segarally1995/index.htm

社会福祉協議会
wikipediaより。
2009年1月18日 (日) 22:43 (個人設定で未設定ならUTC)時点の版

活動等に関する問題点としての指摘
以下は市町村等の自治体より補助金により運営しつつ民間企業によるサービス実施を阻害する一因になり得る事例である。
事務所等の入居施設が自治体所有の施設で、家賃等も他と比べて非常に低額で利用している。また、運営費の大半を自治体からの補助金を活用し無料で入浴や輸送事業を行う等、民間企業のディサービスや介護タクシー事業を行う民間企業の営業を阻害していること。(特に入浴サービスを利用させ、将来的な介護サービスを社会福祉協議会が運営する事業所へ導く等の行為がまかり通っている状態。)[要出典]
ホームヘルプサービスやデイサービスなど福祉・介護サービスの実施(民間では補助金無しで自己開拓により利用者を確保しているが、社協では自治体役所窓口による斡旋やボランティア活動で得た情報を元にした訪問により利用者を半ば強制的に確保している状態が散見。特に一部自治体では役所窓口で相談を受けた相談事例の約8割強が社会福祉協議会の介護サービス利用に繋がっている現状・窓口での職員の対応が社協を斡旋しているような言動やそぶりを見せる等)[要出典]
※なお一部地域では役所に相談に来た高齢者を他の業者を斡旋せずに殆ど社協に紹介するなど独占的なサービスを行っている地域もある。北海道の地方都市等[要出典]
介護保険法や障害者自立支援法に基づいた介護・福祉サービス、市町村から委託された福祉・保健サービス、制度外の福祉サービス、地域包括支援センターの運営(要支援状態の利用者のプラン作成委託を民間企業の居宅介護支援事業所へ委託せずに市町村から包括支援センターの委託を受けている上部組織である社会福祉協議会指定居宅介護支援事業所のみ委託先としてあげている等)[要出典]
福祉サービス利用の相談窓口(相談に訪れた高齢者を社協運営の事業所のサービスを利用させる等事実上の囲い込み)[要出典]
障害者や高齢者の見守り活動の推進(そこで得た情報による社協による介護サービスの利用斡旋)[要出典]
民生委員・児童委員協議会の運営(民生委員が知った情報による介護等が必要な高齢者等を社協に斡旋する工作等の事実上の実施)[要出典]
などがあげられる。これに関しては自治体より多額の補助金を受けて運営しておきながら、事実上民間企業等による介護サービスの営業を妨害する等の工作を続けている自治体社会福祉協議会も存在[要出典]し、介護サービス事業所間では問題としてあげるべきとの声も聞かれる。
実際には表面上の話だけであり実際には行政としての側面が非常に強く民間企業による福祉事業への事実上の参入を妨害している自治体社協も存在する。[要出典]
また、自治体職員の事実上の天下り先としての側面も強く、職員として採用(正職員として)されるには自治体首長等による紹介が無ければ採用できない[要出典]場合も多い。独自開拓での採用は事実上不可能な組織とも言える。また、場合によっては運営事業において商売敵とも言える民間企業による福祉事業所の職員を引き抜き[要出典]、その事業所の情報を仕入れるために採用させる場合も極希であるが存在している。